健康診断.net

尿糖

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

尿糖

尿糖とは、血液中のブドウ糖(血糖)が尿中に漏れ出てきたものです。ブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きによって、細胞に取り込まれて我々の生命活動に必要なエネルギーに変わります。そして、最終的には二酸化炭素と水になって、余計な水分は尿として体外に排泄されます。健康な人の場合、尿中にブドウ糖が漏れ出すのはほんのわずかですが、この尿中に出てしまったものが尿糖なのです。

尿糖を調べると何がわかるのか?

尿糖はどのように検査するのか?

尿糖の基準値

検査結果の判定

尿糖値に異常があったらどうするか?

尿糖値が異常な場合に疑われる病気

スポンサーリンク


尿糖を調べると何がわかるのか?


腎臓は、ブドウ糖がかなり高値になっても、尿中に漏出させない仕組みになっています。血糖値が160~180mg/dlを超えないと、糖は尿中には出てきません。しかし、糖尿病などで血糖値がこれ以上に高くなると、腎臓での糖の処理能力が限度を超えて尿中に糖が漏れ出てきます。

したがって、尿糖検査は糖尿病を見つけ出すスクリーニング(ふるいわけ)検査として行なわれますが、この数値が陽性であっても必ずしも糖尿病とはいえません。


尿糖はどのように検査するのか?


検査方法としては、試験紙を尿で濡らしたときの変色具合で判断する定性検査と、1日分の尿にどれくらいの糖が出ているかを測定する定量検査があります。一般には、定性検査で尿糖が出ていると認められた場合に定量検査が行なわれます。検査当日の食事はふつうにとってかまいませんが、飲酒は控えてください。


尿糖の基準値


定性検査陰性(-)
定量検査1日1g以下


検査結果の判定


尿糖が出ていなければ、定性検査では陰性(-)を示し正常です。また、定量検査で、尿糖の量が1日1g以下なら、基準範囲です。副腎皮質ホルモンなどの服用や妊娠中などでも陽性になることがあります。一方、定性検査で疑陽性(±)か、陽性(+)なら、糖尿病が疑われます。定量検査では尿糖が1日1gを超えると異常値となります。


尿糖値に異常があったらどうするか?


糖尿病が疑われると空腹時血糖値や血中インスリン濃度を検査し、さらにブドウ糖負荷試験などで調べて診断していきます。甲状腺機能亢進症が疑われるならホルモン検査を行ない、診断を確定します。腎性糖尿が疑われると、約10%が糖尿病に移行する可能性がありますので、年に一度は検査を受けておくと安心でしょう。

糖尿病と診断されたら、すぐに治療を開始します。
重症度により食事療法、薬の用法、インスリン注射など、治療方法が違いますので、必ず専門医に相談し、定期的に状態をチェックしてもらいましょう。


尿糖値が異常な場合に疑われる病気


糖尿病、腎性糖尿、甲状腺機能亢進症などのホルモン異常、クッシング症候群など

尿糖に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録