がん治療の種類と比較~健康診断.net

がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法などがあります。
これらの具体的な治療法、特徴、対象となるがんの種類、副作用などについて説明します。

がん治療の種類

がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法などがあります。

外科療法

具体的な治療法

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。

特徴

がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。

対象となるがんの種類

手術で除去しきれる場合は、ほとんどのがんが対象となります。

副作用

手術侵襲及び正常臓器機能の低下の可能性があります。

放射線療法

具体的な治療法

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。

特徴

がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ます。 また、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。

対象となるがんの種類

手術で患部を切除しないで、身体の機能や形態を温存させたいときなどに利用する治療法です。

副作用

がん局部周囲の正常細胞も傷害されるため、後遺症が残る場合もあります。

化学療法

具体的な治療法

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。

特徴

全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。

対象となるがんの種類

全身に転移している可能性のあるがんに対しての治療法です。

副作用

増殖の早い細胞に対して働くため、がん細胞のみならず正常細胞も殺傷される可能性があります。

免疫細胞療法

具体的な治療法

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増や、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行なわれる治療法です。

特徴

上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。

対象となるがんの種類

かなり進行してしまっている方から、比較的に早期に手術ができた後に再発を抑えることを目的とした方まで広く対象となります。

副作用

もともと患者自身の細胞を利用するので、極めて少ないと言えます。

外科療法、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法に関連するリンク


外科療法、放射線療法、化学療法、免疫細胞療法に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録