健康診断.net

HCV抗体検査

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

HCV抗体検査

C型肝炎の感染の有無を調べることができます。

HCV抗体検査の目的

HCV抗体の検査方法

HCV抗体の基準値(正常値)

HCV抗体に異常があったら?

異常な場合に疑われる病気

スポンサーリンク


HCV抗体検査の目的


HCVとは、肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルス(Hepatitis C Virus)のことです。
HCVに感染しても、C型慢性肝炎や肝硬変の初期では自覚症状がなく、肝機能も正常のことがほとんどですが、血液中にHCV抗体がつくられます。この検査では、採血をして血清中のHCV抗体を測定することによりC型肝炎の感染の有無を調べることができます。

C型肝炎は進行が遅く、感染後10~20年たってから発病します。急性肝炎では症状が現れず、気付かない人が大勢います。その後、ほとんどの人が、ウイルスが排除されないまま無症候性キャリア(体内にウイルスがいるが障害が見られない状態)や慢性肝炎に移行します。気付かないうちに病気が進み肝硬変になると、10年後には70%の人が肝臓がんになるというデータがあります。

20年ほど前までは注射針の共用や輸血用血液で大勢の人が感染した経緯があるので、1980年代以前に輸血を受けた人は、症状の有無に関わらず検査を受けたほうがよいでしょう。
近年では、輸血時のHCV検査が行なわれているので、輸血によるC型肝炎は減少しています。


HCV抗体の検査方法


血液を採取して調べます。スクリーニング検査では、HCV抗原は測定せず、HCV抗体を測定して感染の有無をチェックします。検査当日の食事は普段どおりにとってもらってかまいません。


HCV抗体の基準値(正常値)


陰性(-)なら正常です。しかし、抗体は感染後1ヶ月で血液中に現れるため、感染直後は陰性でも、1ヶ月後に陽性となることがあります。

HCV抗体が陽性の場合は、現在または過去のウイルス感染を示しており、ウイルス遺伝子の検査(HCV-RNA定性検査)で、キャリアかどうかを調べます。さらに、持続感染の有無を調べるために、HCVコア抗体検査を行なう場合もあります。


HCV抗体に異常があったら?


GOTGPTコリンエステラーゼ(ChE)などの血液検査を行ない、肝機能障害がないかどうかを調べます。肝機能障害があり、HCV抗体が陽性ならC型肝炎が考えられます。その場合は、腹部超音波腹部CT腹腔鏡検査、肝生検などの精密な検査を行ない、肝硬変に進行していないかどうかを調べます。肝硬変になっていれば、3ヶ月ごとに超音波検査は欠かせません。

日常生活では、カミソリやタオルを共用しない、乳幼児に口移しで食べ物を与えないなど、他人への感染を防ぐ注意が必要です。C型肝炎は、直ったように見えても再発することがあるので、病状が回復しても年に1回は検査を受ける必要があります。


異常な場合に疑われる病気


C型肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝臓がんなど

HCV抗体検査に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録