健康診断.net

胃がん

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

胃がん

胃がん(胃癌)とは、日本人に最も多いガンの一つです。進行は度合いに応じて早期ガンと進行ガンに分類することができます。遺伝的因子や環境、ライフスタイルなどが胃ガン発生の原因とされていますが、近年では、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃ガンの関連性も指摘されています。

胃がんの現状把握

胃がんの進行度(ステージ)と5年生存率

胃がん内視鏡治療の名医がいる病院

胃がん治療の名医がいる病院

胃がん外科の名医がいる病院

腹腔鏡下手術(胃がん)の名医がいる病院

スポンサーリンク

胃がんの現状把握

胃がん(胃癌)治療においては、主に内視鏡治療、腹腔鏡手術、外科的手術、などがんを切除する治療が柱となりますが、リンパ節転移した胃がん(胃癌)は手術を行っても再発率が高いですし、見つかったときには手術が出来ないほど進行している事も珍しくありません。

スキルス胃がんは早期に発見できて手術を行ったとしても再発率はとても高いがんです。

切除可能な早期胃がんの治療成績は悪くはありませんが、再発・転移した胃がんの治療成績は決して満足できるものではありません。

胃がん(胃癌)が進行すると肝臓転移(肝転移)や肺転移、腹膜転移(腹膜播種)、骨転移などの遠隔転移をきたします。

スキルス胃がんは腹膜に播種しやすくがん性腹膜炎になり腹水がたまる(腹水貯留)ことが多くなります。

放射線治療は胃がんの膜が薄いためリスクが高く、おもな治療とはなり得ませんし、また、化学療法(抗がん剤治療)が効きにくいことも手術だけで対応できない進行胃がん(胃癌)治療を困難なものにしています。

胃がんの進行度(ステージ)と5年生存率

1A期 1B期 2期
5年生存率 93.4% 87.0% 68.3%
3A期 3B期 4期
50.1% 30.8% 16.6%

上の表は、胃がん(胃癌)のステージ別5年生存率を表したものです。

5年生存率とは、5年間再発しないということではなく、衰弱しても生存していればカウントされる数値で、(状態はともかく)治療開始から5年後に生存している人の割合です。

早期胃がんといわれるステージ1A、1B期の5年生存率はおよそ90%ですが、ステージ3以上の進行胃がんでは5年生存率は50%以下の成績であるのが胃がん治療の現実なのです。

転移が拡がっているステージ4の場合にはさらに厳しく、5年生存率は20%以下の治療成績なのです。

がん治療の種類と比較

胃がんに関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録