健康診断.net

ギランバレー症候群(急性多発性神経炎)

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

ギランバレー症候群(急性多発性神経炎)

ギランバレー症候群とは、原因不明で、かぜの症状や下痢のあと、手足の左右同じところに痺れが出て、脱力や筋力の低下の症状が出て、両側の顔面神経麻痺も出てくる病気のことです。

ギランバレー症候群の原因

ギランバレー症候群の症状

ギランバレー症候群の治療法

スポンサーリンク


ギランバレー症候群の原因


原因はよくわかっていません。フランスの神経病学者のギランとバレーの2人が報告した病気なので、この病名がつきました。


ギランバレー症候群の症状


かぜの症状や下痢のあと、手足の左右の同じところに痺れが出て、脱力や筋力の低下、感覚が鈍くなるなどの症状が出て歩行困難もおきます。両側の顔面神経麻痺も出ます。


ギランバレー症候群の治療法


発病後2~3週間でピークに達しますが、少しずつ自然に回復するので対症療法を行います。血漿交換や免疫グロブリンの投与をして回復を促進させます。

呼吸器感染症の併発が要注意で、感染を起こした場合は、抗生物質の投与や気管切開術などを施します。筋力低下などの後遺症が残る場合もあります。

受診科は神経内科、内科です。

ギランバレー症候群を患った有名人

大原麗子
安岡力也
佐藤寿人(サッカー日本代表FW、サンフレッチェ広島所属)
鈴木磨(osamu)(ミュージシャン・ヒューマンロスト/Vo.g)
福永泰(元浦和レッドダイヤモンズ、ベガルタ仙台所属)
石川真二(競艇選手)
川口順子
ジョセフ・ヘラー(作家、劇作家)
マルクス・バッベル(サッカー元ドイツ代表DF、VfBシュトゥットガルト監督)
ハンス・フォンク(指揮者)
美馬寛子(ミス・ユニバース2008日本代表)
フランクリン・ルーズベルト(第32代アメリカ大統領)
釈由美子(2009年2月・Grade-1)
デューク東郷
など

ギランバレー症候群(急性多発性神経炎)に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録