健康診断.net

ヘモグロビン(血色素量)

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

ヘモグロビン(血色素量)

ヘモグロビンとは、赤血球中の大部分を占めている血色素のことで、ヘムという色素とグロビンというタンパク質からできています。赤血球中のヘモグロビンは、酸素を体内の組織に運び、かわりに二酸化炭素を受け取って肺まで運んできて放出し、再び酸素と結びついて各組織に運ぶという重要な働きを担っています。

ヘモグロビン量の検査の目的

ヘモグロビン量の基準値(正常値)

ヘモグロビン量の検査で判明する病気

ヘモグロビン量の検査の注意事項

スポンサーリンク


ヘモグロビン量の検査の目的


貧血には、赤血球の数が減ると同時に1個の赤血球に含まれるヘモグロビンも減る小球性低色素性貧血と、1個の赤血球に含まれるヘモグロビンの量は同じで、赤血球の数が減少する正球性正色素性貧血とがあります。赤血球数とヘモグロビン量とを比較することによって、いずれかの判別したり、ヘモグロビン量で貧血の程度を判断できます。また、輸血を行なう際の指標としても用いられています。


ヘモグロビン量の基準値(正常値)


男性13~18g/dl
女性12~16g/dl

妊婦、高齢者は低い傾向にあります。幼児は低く、15歳くらいで成人と同じになります。


ヘモグロビン量の検査で判明する病気


各種貧血(鉄欠乏性貧血再生不良性貧血溶血性貧血慢性出血性貧血)、白血病など


ヘモグロビン量の検査の注意事項


貧血と診断されたら、精密検査で貧血の原因を調べ、正球性正色素性貧血であれば専門医の指導で治療を受けます。

小球性低色素性貧血では、ヘモグロビン内に存在する鉄が欠乏し、ヘモグロビンの合成能力が低下して貧血が起きているので、牛・豚・鶏のレバー、生かき、ごま、ナッツ類、緑黄食野菜などの鉄分を多く含む食品を日常的に摂るようにしましょう。そうすれば1~3ヶ月で治ります。

ヘモグロビン(血色素量)に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録