健康診断.net

胃下垂

スポンサーリンク
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

胃下垂

胃下垂(いかすい)とは、文字通りに胃が下がっている状態であり、体系からいえば、やせている人に多く見られます。胃下垂の人のレントゲン写真を見てみると胃が重みで下に引っ張られて、垂れ下がって長くなっています。このことから胃長と呼ばれたこともあるようです。

胃下垂とは

胃下垂の症状

胃下垂の原因

胃下垂の治療

スポンサーリンク


胃下垂とは


胃下垂とは、文字通りに胃が下がっている状態であり、体系からいえば、やせている人に多く見られます。胃下垂の人のレントゲン写真を見てみると胃が重みで下に引っ張られて、垂れ下がって長くなっています。このことから胃長と呼ばれたこともあるようです。

胃下垂だけなら病気ではなく一つの体系ですので心配はいりません。しかし、胃下垂の中には胃の緊張が緩んで垂れ下がり胃の働きが低下した状態になってしまう胃アトニーを伴い、色々な症状を引き起こしてしまう場合もあります。こうなってしまった場合は胃下垂症といって治療が必要になります。


胃下垂の症状


胃下垂症(胃アトニー)を伴う胃下垂の場合、胃の緊張感がなく胃の運動機能が低下していますので、胃が長く垂れ下がっています。こうなると胃の中に入った食べ物をかき混ぜる消化作用の働きが落ち、消化不良になります。また同時に、胃の中で消化された食べ物を十二指腸へ送り出すポンプの働きも低下しますので、食べ物が胃に停滞する時間が長くなりもたれる感じが強くなります。コレが激しくなると吐き気や嘔吐になる場合もあります。この他の胃下垂症の症状としては、食事の後のお腹が張る、膨満感がある圧迫感があるなどの症状を訴える人も多いようです。

また、立ち上がったときに上腹部がくぼんで下腹部が出てくるとか、内臓を吊り下げている靭帯がのびきってしまうため、体位を変えたり、重たいものを持ち上げるなどのことをしてしまうとみぞおちに激しい痛みが出ることもあります。

胃下垂、胃下垂症の人は神経質な人が多く、少しの症状でも大げさに考える傾向があるとも言われています。

また、胃下垂になると上手に食べ物が消化でないために、胃の中にものが溜まった状態 になってしまい、消化不良になってしまいます。胃が消化不良を起こしてしまうと、食べた物 の栄養を十分に吸収できなくなってしまい、肌荒れなど、様々なところに弊害が出てくる恐れがあります。

さらに、消化できないものを必死に 消化しようと胃ががんばるため、胃酸が多く分泌されてしまい胃酸過多になります。つまり、 消化不良にもかかわらず胃酸過多という最悪の状態になってしまうのです。


胃下垂の原因


胃下垂の原因は生まれつきの体系による先天的なものと、赤ちゃんを産んだときに急激にやせたことによっておこる後天的なものとがあります。他に、虚弱体質や細長の胸などの人にかかりやすくなっていて、さらに、飲酒や過労、ストレスなどが加わって、胃下垂が発症するという流れも多いです。

いずれの場合も女性に多いようです。胃下垂の人のいは、立った姿勢でエックス線をとったときに胃角がへそ、あるいは腰骨よりも下にあり、胃の一部が骨盤に入った状態になっています。このような人の場合は他の多くの内臓も下垂している場合が多く、特に移動盲腸やいどうS状結腸が併発していることも多いのです。

胃下垂になるとうまく食べ物が消化できなくなり、胃の中にものが溜まった状態が長時間続き消化不良になってしまいます。

胃が消化不良を起こすとどうなるかというと、食べた物の栄養を十分に吸収できなくなります。そのため胃下垂の人は痩せ型の人に多い症状です。


胃下垂の治療


ほとんどの場合、胃下垂は体質的な要因が占めるので、慢性胃炎などと同じく、病気というのとも少し違うような気がします。なぜなら、実際に、胃下垂や胃アトニーで入院したり死亡したなんて症例は、私は聞いた事がありません。ですから、自分で、胃下垂の疑いがある場合は、胃の検査を受けて他に併発している病気がなければ、消化薬や胃腸の運動を促進する薬での治療も良いでしょう。

胃下垂を改善に大切なことは、胃を上へ持ち上げる努力をすることです。それには腹筋のトレーニングが一番効果的です。

両手を組んだ状態で思いっきり背伸びをしてそのまま一気に脱力してしゃがむ「背伸び脱力」や、すわった姿勢からバランスを保ちながら両足と手を丁度横から見るとVの字になるようにして、30秒間保つ「V字バランス」などをたとえ1日5分でもいいので毎日やってみましょう、胃下垂を治す効果があります。

また、これは整体で胃下垂を治す方法ですが、胃下垂の治し方の有効な方法は足の太ももと股関節です。てのひらで2分~3分押さえて、腰のよじれを治すと体全体が軽くなって温かくなり、胃の位置が上に上がってっていくのを自覚することが出来ると思います。

しかも胃だけではなく、大腸・腎臓など他の全ての内臓が動き始め、体の芯から温かくなります。

胃下垂に関するQ&A


名医がいる病院(都道府県別)

【北海道・東北】
北海道  青森県  秋田県  岩手県  山形県  宮城県  福島県 
【関東】
東京都  神奈川県  千葉県  埼玉県  群馬県  栃木県  茨城県 
【北陸】
新潟県  石川県  福井県  富山県 
【中部】
愛知県  三重県  岐阜県  静岡県  山梨県  長野県 
【関西】
大阪府  京都府  兵庫県  滋賀県  奈良県  和歌山県 
【中国】
広島県  岡山県  山口県  島根県  鳥取県 
【四国】
徳島県  香川県  愛媛県  高知県 
【九州・沖縄】
福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 
【サイト内全文検索】
病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 【Q&A検索】
病名や症状など適当なキーワードでQ&Aを検索することができます。
【病院検索】

名医がいる病院

検査項目一覧(手法別)
検査項目一覧(病気部位別)
病気(原因、症状、治療法)
用語集
医療系リンク
お勧め書籍

RSS / ブックマークの登録

Yahoo!ブックマークに登録